車庫証明の取り方

  1. STEP 1 必要書類を駐車場のあるエリアを担当する警察署にもらいに行く

    ① 必要書類に記入

    必要書類に記入

    4枚複写の用紙は剥がさず、折らずに必要事項を記入してください。
    見本も添付されているので必ずご確認ください。
    注意するべき箇所は車名の欄です。ここにはメーカー名を記載してください。車名についてはモデル名は不要です。
    車体型式と番号を記入する欄がありますので、自動車購入店に事前に自分の購入するクルマの車体型式と番号を確認し、正しく記入してください。

    ② 署名と捺印

    署名と捺印

    自宅内に駐車場がある場合は自認書に住所を記入し、印鑑を押してください。

    署名と捺印

    賃貸契約をしている場合は、その駐車場の持ち主か管理者に自分が契約していることを証明してもらわなければいけません。保管場所使用承諾証明書を記入してください。
    駐車場の持ち主もしくは管理者にはこの書類に駐車場の場所と契約しているスペースの番号を記入してもらい、署名と捺印もお願いしてください。

    ③ 配置図を記入

    配置図を記入

    保管場所の所在図および配置図を記載してください。
    自宅と駐車場までの距離を誰が見てもわかるように書き、どのような駐車場の、どこの場所に車を保管するかを図式化して記入してください。
    自宅から駐車場までの道が複雑で、書くのが難しい場合などは地図のコピーを添付いただいても構いません。

  2. STEP 2 書き上がった書類をまとめ、申請費用と一緒に書類を提出する

    申請は書類をもらった警察署の窓口へ必要書類を提出し、申請手数料(2,000円程度)をお支払いください。
    その際、申請する方を証明するために住民票の写しか、郵便物(消印があるものに限る)や公共料金の領収書など、住所と本人が確認できるものを用意し管轄警察に申請に行く必要があります。
    受付が済むと交付日を教えていただけるので、再度警察署に取りに行ってください。
    ※交付日までの間に、申請した駐車スペースが本当に存在しているか確認がおこなわれます。

  3. STEP 3 出来上がった書類を提出した時と同じ警察署に取りに行く

    交付日は印鑑(三文判で可)と標章代(500円程度)を持参してください。
    印鑑は証明書の受け取り時に押し、標章代を支払い車のリアウインドウに貼る証明シールを購入すれば、無事、車庫証明の取得が完了となります。証明書の書類は自動車の登録をし、ナンバーを出してもらうときに必要なので、大切に保管してください。